よれよれジジイのテニスなど

よれよれジジイのテニスなど

テニス、音楽、車、ワンちゃん

ラケットの下で

 you tube であるブルースギタリストを探してた
ら、金子英樹さんのレッスン動画があった。
ストローク、スライスサーブを打つ時にラケット
の下でボールを捉えてスピンをかけるというのだ
った。

最近は4大大会も殆ど見ないけど、去年の全米だ
ったかな?
ある選手のストロークインパクトの瞬間の静止
画像で、ラケットの先端の下でボールを捉えてる
のを見た記憶がある。

 この打ち方のいい点はボールをふかさないで打
てるという事。
又、スピンをかけようとしなくても自然とかかる
事。
只、この打ち方が全てではなく、曲面によっては
臨機応変に使い分ければいいと。

 自分がラケットの下で打つ事で前から気になっ
てた事がある。
キックサーブの動画をスローモーション再生、コ
マ送り出きるソフトに取り込んだ時の事。
アドコートでサーバーの後ろから撮ったの。
10時ぐらいでのインパクト、これは解る。
何回か見たけどラケットの下でボールを捉えてる
様に見えた。

 金子英樹さんはスライスサーブを打つ時もラケ
ットの下でボールを捉えると言ってる。
スピン、キックサーブでもインパクトの位置が変
わるだけで、ラケットの下で捉えるのは変わらな
い…ハズだと思う。

金子英樹さんのスライスサーブのレッスン動画が
見てみたい。