よれよれジジイのテニスなど

よれよれジジイのテニス・音楽・車

テニス、音楽、車、ワンちゃん

松本光平選手

3週刊ぐらい前の土曜日、正確には日曜日の深夜。

ニュースのスポーツコーナーで、松本光平さんというサッカー選手のインタビューを見た。


ムチャクチャ驚いた👀‼️

超ポジティブ‼️

寮のガレージで自主トレ中に、ゴムチューブを固

定していた留め具が外れて右目を直撃。

ゴムチューブも左目を。

帰国して受診した医師から「手術をしても右目が

回復する可能性は1%くらい」と説明を受けた。

1%の可能性にかけてすぐさま手術をした。


松本選手曰はく、「だって12月のCWCに出た

いですから。早く復帰するには、早く手術して

もらったほうがいいので」と。


ポジティブ‼️


手術は無事成功。

最悪、摘出の可能性もあった眼球を残せたので、

視力が回復するかどうかはこれからの話にはなる

ようだけど。


手術後の2週間はずっとうつ伏せ状態をキープし

なければならなかったという。

「ガスを入れているので眼のレンズに当たってし

まうと白内障になってしまうかららしい。

今、「右目はほとんど見えてなくて、左目はぼや

けながら何となく見えるかなっていうレベル。水

に浸かってモノを見ている感じに近いです」と。


左目の視力は0.01程度しかないらしい。

傷の程度が右目に比べれば軽い左目を手術する案

もあったけど、「何回か手術しなきゃいけなくな

る」ため、そうなるとCWCに間に合わない。

「あまり見えない状況であってもサッカーするこ

とに慣れちゃったほうがいい」


今の視力レベルでプレーできるまでに持っていく。



そして、松本選手が言ったのは、『僕は右サイドバックなんで右目が見えなくても左目が見えればいいんです』


更に、右はサイドラインですからと。


手術後は真っ直ぐに歩けなかった、その動画も放

送された。

どうしても右に傾いてしまう。視力や視界のバラ

ンスが崩れているため、歩くだけで乗り物酔いの

ような感覚になって、吐いたことも二度三度じゃ

なかったようだ。


最後にサッカー経験者のアナウンサーに右サイドを走

りながらパスを出した。

正確なパスでヘディングシュートが決まった。


5月にケガして、今9月…


スゴイ!

スゴすぎる‼️


考えられない‼️


想像を絶する努力をされたんだろう。


左目は今後手術の予定。


これまでの歩みを聞くと、ジュニアのときから目

標に向かって一直線って感じで、ブレてない。



ちなみに松本選手が使用している競技用のゴーグ

ル。


『3年前に右目の眼球破裂にあったという子供さ

んから3年かけて競技用のゴーグルを使ってサッ

カーができるようになった』というメッセージを

もらってから使ってるらしい。


覚障害を持った世界的なプレーヤー、エドガー・

ダービッツ緑内障を発症して手術後に目を保護

するためにゴーグルをつけてプレーしたそうだし。
 

スコットランド代表のゴードン・ストラカン

右目の視力障害を抱えながらもイングランド年間

MVPを獲得した。

そういう選手もいる。


たとえ、選手としての道が閉ざされたとしても、指導者としてサッカーに携わって欲しい‼️

こういう人こそ。


勇気をもらったっていうか、上手く言えないけど。

それ以上のものをもらった気がする。



👊✨って欲しい‼️

ありきたりなことしか言えないけど。