よれよれジジイのテニスなど

よれよれジジイのテニス・音楽・車

テニス、音楽、車、ワンちゃん

『楽しい ロックン・ロールアルバム』には間違いないです‼』

f:id:duanallman:20210623154716j:plain


今日の独りロック喫茶は

R.Wood の『Gimme Some Neck』


79年の作品です。



01-Worry no More

02-Breakin' My Heart

03-Buried Alixe

04-Come to Realise

05-Seven Days

06-We All Get Old

07-infekshun

08-F.U.C. Her

09-Lest and Lonely

10-Don't Worry   



ゲストミュージシャン


M.ジャガー

K.リチャーズ

M.フリートウッド

J.ケルトナー

C.ワッツ

I.マクレガン

Dメイスン

R.”ポップス”ポップウエル


等です。



当時の評価がどうだったのか思ってコレを

見ました。



f:id:duanallman:20210623160413j:plain



載ってませんでした?


不可解ですが…



で、別のからです。



60年代、70年代を代表する大ロックン・

ロール大会。

このあたりのミュージシャンなら誰でもこん

な大セッション大会は夢にいだくだろう。



R.Wood だからこそ、成しえたことで、彼の

人間性が、今再びクローズアップされたよう

なアルバムだ。



1人でロックン・ロールするのには年すぎる

この人達、これだけ集まると、やはりロック

ン・ロールせざるをえないのでしようね。


けど、



『1人でロックン・ロールするのには年すぎるこの人達』



これはないよなあー



K.リチャーズ、36歳だったんですけど…




今でも、K.リチャーズに『いつまでロックン

・ロールするんですか?』何て聞くこと自体

愚門ですから。




『楽しい ロックン・ロールアルバム』には間違いないです‼』


っていうのがあったんで、許します?


偉そうなこと言ってスイマセン(;'∀')



デイランの書いた Seven Days はヴォーカルも

意識してますね。



www.youtube.com




では、また。