よれよれジジイのテニスなど

よれよれジジイのテニス・音楽・車

テニス、音楽、車、ワンちゃん

ロック誕生50年(2回目)

f:id:duanallman:20210722192808j:plain


ロック誕生50年の2回目です(;'∀')



The Yardbirds
The Train Kept A Rollin(1966)


■三大ギタリスト

Eric Clapton

強烈なブルース・フレーズを繰り出す

Jeff Beck

一匹狼、孤高のギタリスト

Jimmy Page

リフ作りに関しては天下一品
                    


★Cream
I Fee Free(1966)


Vibeso of Rock

みんな誰かに影響された


Char
 ×
Jeff Beck

“Jeff’s Boogie”を弾いて


「J.Beck は声みたいっていうか、何じゃコ

イイツっていう」

「1回パスしようと思った、こいつはイイ案

で」


「その、年をとっていって皆シブクなって、

中でJ.Beck だけが、その、プレイヤーとし

てまだ成長してるっていうところに、こう何

か俺としては、そういう先輩がいてくれるこ

とが凄く頼もしいっていうか…」



Jeff Beck Group

Definitely May Be(1972)



www.youtube.com



自分が観た映像とは違いますが、スライドバ

ーを外す場面が気になります(笑)




Led Zeppelin
Communication Breakdown(1969)



■70年代伝説のハードロックバンド

Black Sabbath
Paranoid(1970)

★Ten Years After
Good Morning Little School Girl(1969)

Deep Purple
Highway Star(1972)



プログレッシブ・ロックの夜明け

Pink Floyd
Brain Damage(1973)

★Yes
All Good People(1971)

★E.LP
Knife Edge(1970)



グラムロック誕生(イギリス)


T.Rex
Get It On(1971)

David Bowie
Space Oditty(1973)



シンガー・ソングライター(アメリカ)


★Carol King
So Far Away(1970)

★James Tayler
Fire And Fain(1970)

Jackson Browne
Running On Empty(1978)


www.youtube.com



ロックは枯れてしまったのか

本物のロックを求め続けた

アメリカ帰りの男がここにいる

(スイマセン、誰かわかりませんでした(;'∀'))


CSN&Y
DEJA VU」(1970)
Carry on

★Chicago
「CHICAGO Ⅱ」(1970)
25 Or 6 To 4.

The Allman Brothers Band
「AT FILLMORE EAST」(1971)
Statesbora Blues

★ZZ TOP
「FANDANGO!」(1975)
Tush

★Lynard Skynard
「SECOND HELPING」(1974)
Sweet Home Alabama

★GFR
「GRAND FUNK 」(1970)
Inside Looking Out

★The Doobie Brothers
「THE CAPTAIN AND ME」(1973)
Long Train Running’

Steely Dan
「CAN’T BUY A THRIll」(1973)
Do It Again

★Leon Russell
「LEON RUSSELL」(1970)
A Song For You



■ロックの巨大ビジネス化

レコード
 メガセール
ライブ
 アリーナツアー


Peter Frampton
Show Me The Way(1976)

★Boston
More Than A Feeling(1977)

★Kiss
Rock And Roll All Nite(1975)



■ロックの動脈硬化
 (巨大ビジネス界による)



TURNING POINT


無意識のうちに怒りをぶちまけた男がいまし
た。

BRUCE SPRINGSTEEN

BORN TO RUN(1975)



『ボブ・デイランのような歌詞を』

フィル・スペクターのようなサウンドにの

せて』


ロイ・オービソンのように歌いたい』

と欲張りなことを言っていた訳なんですけど。


彼は誰もがまた、ふと忘れかけていたロック

本来の歴史感のようなものを自分一人でしょ

い込んで、それで未来へと疾走を続けようと

していたわけです。

このスプリングステイ-ンの闘いはたった一

人の闘いでした。

ということもあって、中々みのるまでは時間

がかかった訳なんですけでも、むしろこの時

期に目立ったのはミュージシャンからあらわ

れた内部告発のようなものです。



内部告発

EAGLES

我々は1969年からスピリットを失ってし

まっている(という歌詞を歌っています)

非常に哀しくも、切ない内部告発だったわけ

です。

自分達が活動している間は、自分達はロック

・スピリットはなかったという事を説明する

ことになってしまいました。


Bruce Springsteen
Born To Run(1975)


www.youtube.com


EAGLES
Hotel California(1976)




さあ、果たしてロックはこのまま終わってし

まうのでしょうか?


答えは皆さんご存知のとおりです。


大丈夫です!

ロック・スピリットの新たなる爆発は、もう目前にせまっていました


duanallman.hatenablog.com