よれよれジジイのテニスなど

よれよれジジイのテニス・音楽・車

テニス、音楽、車、ワンちゃん

エアロ

エアロの最高傑作は『ロックス』


f:id:duanallman:20200420192138p:plain


ファンの中からは『ロックス Ⅱ』を出して欲し

いなんて声もあった。


エアロの転機となったのは『トイズ・イン・

ジ・アテイック』だった。


自分が思うに、3枚目迄にスタイルを確立出来

ないバンドはその後がムツカシイ。


f:id:duanallman:20200420192422j:plain


ちなみに『ドロー・ザ・ライン』はバンドの状

態が悪かった事もあって散漫な感じで、曲のバ

ラツキが多い気がする。

『ダン・ウイズ・ミラー』、『ロックス』以来

の傑作、後のアルバムと違い、エアロスミス

名曲の核を作りだしていた要素が作品にパワー

を与えているという評価があるけど、メンバー

からの評価はあまり高くない。


プロデューサーのテッド・テンプルマンと上手

くいってなかったとの噂もある。


シングル「熱く語れ」は、ジョー・ペリー・プ

ロジェクトのアルバム『Let the Music Do T

alking』の曲で『ビルボード』誌のメインスト

リーム・ロック・チャートで18位に。


プロデューサーがテッド・テンプルマンと聞い

た時点で期待は大きかった。


好きなアルバムだし、エアロの原点だと思って

る。


パーマネント・バケーション』にはデスモン

ド・チャイルドが関わってる。

個人的には、それ以降何か違うっていう感じは

否めない。


いい曲もあるけど…