よれよれジジイのテニスなど

よれよれジジイのテニス・音楽・車

テニス、音楽、車、ワンちゃん

ラジカル

アガシのラジカル 記念モデル。

2018年じゃなく2006の引退記念モデル。


f:id:duanallman:20200421175856j:plain


フレーム表左 US Open Winner 1994 1999
     右 AUS Open Winner 1995 2000

フレーム裏左 French Open Winner 1999
     右 AUS Open Winner 2001 2003

のプリントがある。

f:id:duanallman:20200421180012j:plainf:id:duanallman:20200421180047j:plainf:id:duanallman:20200421180124j:plainf:id:duanallman:20200421180151j:plain

1992年 ウインブルドン

1994年 全米

1995年 全豪

1999年 全仏、全米

2000年 全豪

2001年 全豪

2003年 全豪

グランドスラム8回の優勝。


この中で印象的なのは、何といっても1992

年のイワニセビッチを破ってのウインブルドン。

ビッグサーバーやサーブ&ボレーを得意とする

選手以外はウィンブルドンで優勝出来ないとい

われてたのををアガシが覆した。


その時のラケットはドネーのプロワン。

アガシはヘッドと契約するにあたってオーバー

サイズで独特のフレックスを持つ17種類もの

専用プロトタイプをテストをしたそうだ。


アガシの要望は200キロで飛んでくる速いサ

ービスをスピンをかけてしっかりリターンした

いというもの。


速いサービスのレシーブでは真ん中を外すケー

スが多々出てくるのでそこにスピン性能やパワ

ーを求める為にオーバーサイズを使ってたらし

い。


更にスイングスピードが速くボールを捉える位

置が先端部分なんで、ラケットの先端を極限ま

で柔らかくしてボールをひっかけるのを重視し

ていたとも。


元々ヘッドのラケットはフレームが柔らかいん

でその点は新たなモデル作成にはプラスだった

と思える。


重量320g、バランス315mm。

某有名ショップで購入、縦ケプラーナチュラ

ルのハイブリッド。


アガシ張りっていう特殊な張り方がしてあっ

た。


おっちゃんに見せると、いきなりどんな張り方

がしてあるのか確かめたいんで、切ってイイ?

と言われてあわてて阻止した(;'∀')



あんまり使った記憶はないけど、傷があるんで

使ってたんだろう。


今ではこんなスペックには耐えられないなあ…