よれよれジジイのテニスなど

よれよれジジイのテニス・音楽・車

テニス、音楽、車、ワンちゃん

「勝つテニスと上手いテニスは違いますよ」

緊急事態宣言でテニスコートが31日まで閉鎖

になった。


どっちみち50肩の治療中でテニスがしばらく

できないし、思いつくことを書いてみようかと

思う。



まず浮かんだのは、


「勝つテニスと上手いテニスは違いますよ」


という言葉。

(そんなこと言われなくてもわかってるわと言われそうですが(;'∀'))

言われたのはインカレの予選に出たことがある

人。


なぜか、一緒にスクールを受けてた?


どっちかと言うと寡黙な人だったけど、自分が

質問すると、きさくに答えてくれたし、アドバ

イスもしてくれた。


上から目線じゃなかったし…


やっぱり


『テニス上手い人は、違うなあー』


『カッコイイ‼』


と思った。



テニスを始めて間もない頃に、会社の先輩に

「◯◯(自分)、どんな形でも相手のコートでツーバウンドさせれば勝ちだからな」


と言わことがある。


その時は、『そんなもんか』と思った。


けど、テニスを続けていくうちに、この言葉が

引っかかるようになった。


確かにツーバウンドすれば勝ちだけど。


『それで満足する?』


ドロップショットとかが決まったんならナイス

ショットだけど。


『運がよかっただけのショットだったら?』

『変なフォームで打ったボールでも?』


プロだって、コードボールでポイントが決まっ

た時には手を上げて謝ってる…


一般人はそういう場面で「ラッキー」と言って

喜ぶ人は多いと思う。



自分は、そういうポイントが決まっても嬉しく

はない。


不本意なショットの結果だから』


勝つために試合に出てみえる方には当てはまら

ないけど。



どんなにカッコ悪くても、試合に勝った方が強

いのは間違いないし。



けど、そんな結果オーライのテニスしてもつま

らないし、満足できない…


私見ですが…



「俺は勝ち負けにはこだわらない」

「今でも綺麗なテニスを目指してるから」


と言ってみえるシニアの方人がみえる。


『上手いテニス』という言葉とは違うけど、本

質は同じだと思う。


『カッコイイ‼』



ちなみにこの方、バックのスライスがスゴイで

す‼




向上心は年齢に関係なく、大切だというのを感

じました。





今日の1曲です。


www.youtube.com