よれよれジジイのテニスなど

『BOOMは軽量版も本命』

今日はジジイです。


duanallman.hatenablog.com


昨日の続きをチョット


ハードヒッターのインプレです


■TEAM


面が大きく(102)厚いラケットは振り抜き

が悪かったりして回転がかからなくて飛びす

ぎるとかあるんで得意じゃなく、どうだろう

と思ったけど


振り抜きが良くて、意外と振れば調度いい球

持ち感で飛びすぎなかった


振回してもハードヒットしても大丈夫

ただバックでフラット系で合わせ打つと結構

飛ぶ


■TEAM L



パワーラケットなみのCPIが900なので

飛びすぎるかと思ったが、結構しっかり抑え

がきいて、いがいと収まってくれるのでビッ

クリした


フェイスは107だけど、長いおかげで大き

く感じなかったし


厚いので、振りにくいと思ったが、これも長

いおかげで全然振りやすかった

逆に普通の長さだったら振りにくいんじゃな

いのかと思った


スピードはTEAMの方が出る感じがした



■総合評価
                  

BOOMにはまるラインはかなり広い


・スイング速くなくても使えるし、ある程度

ゆっくり振っても飛ばないことはない


・打ったときはそれなりのスピードでスピン

もかかる


・合わせているときは意外とサポートしてく

れる


・ナイロンなのに回転がかけれていたから、

実際ポリとか張ったらかなり回転がかかるん

じゃないかと思う

・スライスは取り回しがいいのもあり楽に打

てる

                  
■メーカー


モールドが全て違い、各部分部分の断面の形

状を変えている


ラケットの構造そのものを『TEAM』『T

EAM L』専用に開発しているのです。               


ボックス形状がシャフトに使われていて、だ

んだん膨らんできてフェイス形状が少しずつ

変化している


オーセチックによって経糸8本の挙動の差を

押さえて真ん中を若干外しても手に伝わって

くる反応は明確でありここちよく、本当にラ

ケットとしての”優しさ”を自分としては訴え

ようかなと

気楽にやっていただいてもラケットが助けて

くれますよと当然身体に対する優しさもあり

ます


素材によってと言うよりは、形状的なもの全

体で柔らかさを出しているので柔らかいとい

う表現より”優しい”という表現のほうがピン

とくるというか


ガツガツ打ちたい人にはストリングスの種類

やテンション次第でハードな使い方も充分で

きます


ゆっくりとスイングするとかネットプレーで

ダブルスを楽しみたい方にもラケットがすご

く助けてくれるし、心地よくプレーさせてく

れる

楽しむという要素に対していろんな場面の適

合性が想像しやすいラケットだと感じていま

す


とにかく今までにない打球感を味わって欲しい!


BOOMは軽量版も本命と言われている


とのことです




ありがとうございました

ではまた