よれよれジジイのテニスなど

『Doobie のアルバムの残りのレビュー』

今晩はジジイです

今日はDoobie の最終公演( 広島上野学園ホー
ル)です

前に
『トゥールーズ・ストリート』
『キャプテン・アンド・ミー』

の某音楽誌の当時のレビューを載せました
今回は残りのアルバムのレビューです


duanallman.hatenablog.com


ドウ―ビー天国

A面
①君に捧げし愛
②スピリット
③53番街の追跡
④ブラック・ウオーター
⑤銀色の瞳
⑥ロード・エンジェル
B面
①キャント・ストップ・イット
②お望みのまま
③ダウン・イン・ザ・トラック
④アナザー・パーク
⑤砂浜の娘
⑥フライング・クラウド

アメリカ数々のシングル・ヒットを放ってい
るドウ―ビー・ブラザースの5枚目に当たる
アルバムは、例のごとくプロデュースにテッ
ド・テンプルマンが当たり、今回はゲストに
アーロ・ガスリー、リトル・フィートのビル・
ペイン、ミルト・ホーランド等の豪華陣が参
加しているのも注目されます。
彼らの特徴であるノリの良いアップ・テンポ
のリズムと独自の美しいハーモニーはここで
も発揮され、そういったものに堂々とした風
格と落ち着きが加わってきたようです。
ダブル・リード・ギターにダブル・ドラムと
いうドウ―ビーならではのメリハリのきいた
リズムは快く、どのナンバーをとってもシン
グル・ヒットの要素を充分に持っているもの
ばかりです。
そしてあらゆるものに影響を受けたドウ―ビ
ー節は一段と輝きを増し、トム・ジョンスト
ンを中心とした1曲1曲が小気味よくピリッ
とまとまった、曲作りのツボを非常に心得て
いるグループといえましょう。

コンサートでは、今は亡き”ボビー・ラカイ
ンド”がヴォーカルをとってました

アルバムタイトルは?


スタンピード

A面
①スウイート・マキシン
②ニールのファンダンゴ
③テキサス・ララバイ
④ミュージック・マン
⑤スラット・キ-・ソキュアル・ラグ
B面
①君の胸に抱かれたい
②ハングマン
③プレイシー
④レイニー・デイ・クロスロード・ブルース
⑤お前に首ったけ
⑥ダブル・デイ―リン・フォア・フラッシャー
                    
アルバム毎に素晴らしい前進が見られるドウ
―ビー・ブラザーズ、5枚目に当たるこのア
ルバムは今迄よりも一段とスケールの大きな
グループになった音が全編に漲っています。
従来通りのリトル・フィートのキーボード奏
者、ビル・ペインの参加に加え、ジェフ・バ
クスターのメンバーとしての強力なアプロー
チはドウ―ビーの音楽性に新鮮な魅力を注ぎ込
んでいます。ギタリスト3人の各々の趣の異
なったプレイも聞き物ですが、ホーンとスト
リングスを一層強化したアレンジ、厳密に計
算され、丁寧な音作りがされています。
シングル・ヒットしそうなストレートで小気
味よいロックは勿論健在で、雄大な音の拡が
りを感じさせるA①B②等は、新たな面を提
示してくれます。ライ・クーダーが参加した
B④、ホーランド=ドジャー=ホーランドの
作品をいかにもドウ―ビーの曲に仕立てている
のには彼らの腕前とセンスが光っています。

            

ドウ―ビー・ブラザーズ・ファースト

A面
①ノーバデイ
②スリッペリ・セント・ポール
③グリーンウッド・クリーク
④イット・ウオント・ビー・ライト
⑤トラベリン・マン
B面
①フイ―リン・ダウン・ファーザー
②ザ・マスター
③グロウイン・ア・リトル・イーチ・デイ
④ビーハイヴ・ステイト
⑤クロウサー・エヴリ・デイ
⑥シカゴ

今や押しもおされぬトップ・バンドとして君
臨しているドウ―ビー・ブラザーズの日本未発
売だった待望のデビュー・アルバムがついに
登場しました。
71年に発売されたこのアルバムは、再度7
4年にシングル・ヒットした小気味よいA①、
大ヒットした“リッスン・トウ・ザ・ミュージ
ック”の母体ともいえるB①等を含め、現在
のドウ―ビーの姿を知る貴重な1枚です。
ブルース、フォーク、カントリーと全てのア
メリカン・ミュージックに根づいて独自なド
ウ―ビー・サウンドを築いた彼らの原型がある
あると言えるのです。
全体にアコースティックな魅力をたたえた曲
が多く、今に比べるとおとなしい印象を受け
ますが、リズム感のよい小気味よさ、斬新な
ヴォーカル、音の流れといい、今聞いても斬
新でしゃれています。ランデイ・ニューマン
のB④を力強いロック・ナンバーでやってい
るのも聞きもの。

A面1曲目の”ノーバデイ”は『ワールド・ゴ
ーン・クレージー』で再収録されました


ドウ―ビー・ストリート

A面
①運命の轍
②ドゥービー・ストリート
③8番街のシャッフル
④ルージン・エンド
B面
①リオ
②サムワン・スペシャル
③イット・キープス・ユー・ランニン
④ターン・イット・ルース
⑤キャリー・ミー・アウェイ

今年の初頭に来日してアメリカン・ロックの
醍醐味をたっぷりと味わせてくれたドウ―ビ
ー・ブラザーズの「スタンピード」に続く待
望のニュー・アルバムが届きました。
脱退説が伝えられていたトム・ジョンストン
はB④のみに参加していますが、脱退説は打
ち消され今後もメンバーの一員として活動し
ていくということです。
これはマイケル・マクドナルド加入後、初め
てのLPでもありますが、マイクとジェフ(元
ステイ―リー・ダン)のジャズ志向の音楽性が
随所にちりばめられています。
A①ではリトル・フィートのR・ヘイワード
が参加し、トリプル・ドラムスのダイナミッ
クな」サウンドに圧倒されてしまいます。
今回もメンフィス・ホーンがバックに参加、
さらにスケールが大きくなり、一段とメロデ
ィーやサウンドに魅力が増したドウ―ビーな
らではの多彩な音楽性が見事に発揮されたア
ルバムです。

R・ヘイワードが参加していたのは知りま
せんでした
R・プラントが来日したときのドラマーで
した


運命の掟

A面
①思いのままに
②エコーズ・オブ・ラヴ
③リトル・ダーリン
④ユー・ビロング・トゥ・ミー
⑤運命の掟
B面
①嘆きのハート
②チャイナタウン
③光ある世界
④ニード・ア・レディ
⑤きこりのラリー

とにかく、このドウ―ビー・ブラザーズの新
作を聴いて驚いた人は多いことだろう。
かくいうこの私もそのうちの一人なのだが、
恐れ多くもあの胸のすくような豪快きわまる
エネルギッシュな演奏で聴き手釘付けにした
ドウ―ビーが、こんなにもシンプルに、渋い持
ち味で勝負してくるとは……。
確かにドウ―ビーは変わった。
しかし、このサウンドの変化も、これまでの
ストレートなロックン・ロールに加えて、ソ
ウル、ジャズのエッセンスが巧みにミックス
された。
斬新な音創りで注目を浴びた前作「ドウ―ビー
・ストリート」からのステップ段階とするな
ら、これはうなずけるものなのかもしれない。
病気のために前作あたりから、しばらくバン
ドを遠ざかっていたトム・ジョンストンが完
全に復帰した。
まさしく、ベスト・メンバーでの今回のアル
バムだが、これまで、メリハリのきいた痛快
な曲を書き、ダイナミックなヴォーカルを披
露してきたドウ―ビー・ブラザーズの第一人
者たるトムの曲は、ここでは一曲として見当
たらないのである。
このあたりがドウ―ビーの変貌につながるキー・
ポイントといえよう。
そして、代わって新たにその持ち味がにわか
にクローズ・アップされてきたのが、前作か
らドウ―ビーに参加していたマイケル・マク
ドナルドである。今回の作品は、大まかにマ
イクの参加によってつぎ込まれたソウル、ジ
ャズ、R&Bの小意気な感覚に、真正面から
取り組んだものといえよう。
ただ一曲オリジナル以外に取り上げられたナ
ンバー、ホーランド=ドジャー=ホーランド
の作品で、マービン・ゲイの歌で知られる6
0年代モータウン・サウンドの代表作” リト
ル・ダーリン“は、ドウ―ビー一流のロックン
ロールのスピリットを、甦ったトリプル・ギ
ターの妙技でほどよくきかせ、快適なアップ
テンポの仕上がりをみせているが、このモー
タウン・サウンドの導入が、このアルバムを
語る点で大きくものをいうようだ。
その影響は他のオリジナルにも及ぶものであ
る。ほぼ全曲を歌い込むマイク・マクドナル
ドのどろ臭味のあるソウルフルなヴォーカル、
ハーモニーが、アルバム全体を黒く仕立て、
マイルドでシックな魅力で包み込んでいる。
あくまでソフトでダンサブルなサウンドをベ
ースに、ホーン・セクション、ビブラフォン
を駆使した心憎いまでの音創り、卓越したす
べてのインストウルメンタル・プレイには舌
を巻いてしまう。
マイクとカーリー・サイモンの共作によるA
④は、ズッシリと重い手ごたえのあるスロー
ナンバーである。
パット・シモンズ、タイラン・ポーターの作
品は、洗練されたむしろジャズつぽい音創り
がなされているが、このナンバーを含むマイ
クの作品は、ヴォーカル重視のせいか、ぐっ
と控えめで一様に重いリズム・セクションが
印象的だ。
情感のこもった歌いっぷりは聴きものであり、
渋い大人の味わいたっぷりである。
今まで、よく晴れた青空のもと、コークとハ
ンバーガーを手にして、すこぶる健康的に聴
いていたドウ―ビーはもう存在しない。
いや、むしろ「ドウ―ビー・ストリート」か
ら歩き出したドウ―ビー・ブラザーズには、
これ以上の新境地を見い出すことはあっても、
もはや後をふり返ることはないはずである。
果たして、これまでのドウ―ビー・ファンは
この新たな音楽性を持った新作をどのように
受け止め、そして受け入れていくのか。
あらゆる面で興味をそそられる魅力の一枚で
ある。


LDで見たジェフ・バクスターのインタビュ
ーで、このアルバムは最初売れ行きは芳しく
なかったが最終的には一番売れたアルバムだ
と言ってました


ミニット・バイ・ミニット

                           

A面
①ヒア・トゥ・ラヴ・ユー
②ホワット・ア・フール・ビリーヴス
③ミニット・バイ・ミニット
④ディペンディン・オン・ユー
⑤轍を見つめて
B面
①オープン・ユア・アイズ
②ウィート・フィーリン
③スティーマー・レイン・ブレイクダウン
④ユー・ネヴァー・チェンジ
⑤ハウ・ドゥ・ザ・フールズ・サーヴァイヴ

最近のドウ―ビー・ブラザーズは、すっかり
方向が定まってきたようです。
トム・ジョンストンが抜けて間もなくの頃の、
どこかぎこちなかった所がなくなり、この新
作では実にゆとりのある演奏を聞かせてくれ
ています。
ほとんどマイク・マクドナルドの作品で占め
られていることからも想像がつくのですが、
全体に軽いタッチのナンバーが多く、思わず
唸りたくなるような粋なセンスでまとめられ
ています。
ただ、こういった方向に向かったバンドはえ
てしておちいりやすいことなのですが、パン
チとかパッションがやや薄れ、全体のアンサ
ンブルとか、高度なテクニック性を重視して
いる所が伺えるのです。
それはひとつの方法論であることは認めます
が、アメリカの多くのバンドが、かかえ初め
ているのと同じ問題を、このドウ―ビーにも感
じてしまったのです。

このアルバム発表後に初めてドウ―ビーのコン
サートに行きました
パット・シモンズはステージから飛び降りて、
1回席の後ろまで走っていってギターを弾いて
ました!
又、座ってギター・シンセサイザーを弾くジェ
フ・バクスターが印象的でした


ワン・ステップ・クローサー

A面
①このハートをあなたに
②リアル・ラヴ
③ノー・ストッピン・アス・ナウ
④サンキュー・ラヴ
B面
①ワン・ステップ・クローサー
②キープ・ディス・トレイン・ローリン
③ジャスト・イン・タイム
④サウス・ベイ・ストラット
⑤ワン・バイ・ワン

このレビューは別の音楽誌のものです

ジェフ・バクスター、ジョン・ハートマンが
脱退しジョン・マクフィー、チェット・マク
ラッケン、コーネリアス・バンプスが加入。
しかし、マイケル・マクドナルド中心の都会
的ポップ・ソウル路線に変わりはない。
「リアル・ラヴ」(全米5位)と「キープ・デ
ィス・トレイン・ローリン」(同62位)がや
はり印象的。
マクドナルド作ではない「ワン・ステップ・
クローサー」(同24位)でさえ、洒落たメロ
ディとリズムが目立つ。
パトリック・シモンズの影が薄くなり、解散
へ進む。全米3位。

レーベルとの契約がミニット・バイ・ミニッ
ト発表後1枚残っていたという話を聞いたこ
とがあります


■オマケ
パット・シモンズは、トム・ジョンストンが
抜けたときに、ジェフ・バクスターがいてく
れてよかったと後日話したそうです。
彼のプレイによってバンドが時代の変化に対
応でき、バンドを支えていたってことでしょ
う

お読みいただきありがとうございました

ではまた!